年収

1: coffeemilk ★ 2015/02/19(木) 16:40:13.57 ID:???.net BE:287993214-2BP(1012)
ダウンロード (6)

やっぱりお金は、ないよりもあるに越したことはないですよね。「夫の年収がもう少し上がればいいのに~」と、密かに願っている女性も多いかもしれません。

ふと周りを見渡してみると、順調に年収が上がっている家庭と、いつもトラブルを抱えてお金の喧嘩が絶えない家庭の両方があるように感じませんか?

夫婦・離婚問題に詳しい鈴木あけみさんは、著書『夫の年収を2倍にする奇跡のほめ言葉』で、世帯年収と夫婦仲には深い関係があると指摘しています。とくに夫が仕事に出かける朝の会話は重要なんだそう。

そこでこの記事では同書を参考に、“夫の年収をどんどん下げちゃう妻の危険な口癖”を4つご紹介しましょう。

■1:「お金が足りない」

出費がかさんだときなど、「今月お金が足りないのよ」と、出勤前の夫に無意識に伝えてはいませんか?

とくに夫の出がけにお金のことを話すのは絶対にNGと同氏は指摘します。

仕事に出かけるときに夫の負担を大きくするような発言をするのは、夫のやる気を削ぎ、喧嘩のもとを作っているようなものです。


■2:「◯◯社が倒産したんですって」

「△△さん、リストラされたんだって」「駅で飛び込み事故があったのよ」などの暗い話題を朝にするのもNGなんだそう。

同氏によれば、こういった会話は負のエネルギーが身体に入るので避けるべきだといいます。

朝は明るい話題で、夫を送り出すように心がけましょう。


■3:「ついでに“ゴミ出し”して?」

男性は、スーツを着ると仕事モードに切り替わる人が多いのだとか。

それなのに、スーツ姿でゴミ出しをさせてしまうと、手や洋服が汚れ、臭いが付く原因にもなるのでやめるべきと同氏はいいます。

確かに、スーツが汚れていたりゴミの臭いがしたりするビジネスマンにいい仕事ができそうだとは、あまり思えませんよね。


■4:布団の中から「いってらっしゃーい」

夫だけ起きて妻は布団の中、またはパジャマ姿のままで「いってらっしゃーい」と見送るのも、これから働く夫に対して失礼な行動だと同氏は指摘します。

「今日も気合をいれて働いてもらいたい」と思うのであれば、妻の身だしなみにも気をつけるべきだそう。

 
以上、夫の年収をどんどん下げちゃう妻の危険なNG口癖をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

夫の年収をアップさせたいのであれば、仕事という“戦場”に向かう夫に、元気を与える言葉を意識的に発するべきだと同氏は述べます。
仕事をする人にとって、平日の朝は憂鬱なものであることが多く、そんな“朝”だからこそ妻の言葉の重要度が増すのだとか。

「今年こそ、夫の年収を上げたい!」と思っている人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9800837/


ダウンロード (4)
1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2015/01/28(水) 12:07:29.88 ID:???*.net
5億円新居も「期待外れ」 くりぃむ上田晋也の“気配り御殿”

「そうと言われなければ芸能人のお宅とは気がつきませんでした。派手な方の出入りもないし、
町の景観にマッチした出しゃばらない外観に気配りを感じます」(周辺住民のひとり)

 な~んて具合に、ご近所サンの井戸端会議で話題の芸人宅がある。噂の家主は、くりぃむ
しちゅーの上田晋也(44)。

 長らく空き地だった場所に上田邸が建てられたのは昨春のこと。白とレンガ調の外壁を
組み合わせたモダンな建物。見た目はご覧のとおり控えめで、マツコ・デラックス(42)が
「そんなにやらしくない程度の大豪邸。ちょっと期待外れ」と、昨秋のバラエティー番組で
上田邸訪問の感想を話していたのもナットクである。

 場所は世田谷区内の閑静な高級住宅街。私鉄の最寄り駅から徒歩15分強だが、無論、
売れっ子芸能人にとってはノープロブレム。大通りから一区画入った場所で、むしろ、
クルマ利用者には好都合の立地だ。自宅近くには高級スーパーと庶民派スーパーが隣接し、
徒歩圏内には大きな公園もある。子育て世代にはもってこいの住環境というわけだ。

 地下1階、地上3階建て、敷地面積は92坪。気になるのはそのお値段だが、
「界隈は坪300万円弱なので、土地だけでも2億7000万円。見た目とは対照的に
内装は凝っているそうで、上田さんの書斎もかなりの広さとか。上モノだけで2億円は
くだらないのでは」(地元の不動産会社)。土地と建物、ざっと見積もって、上田御殿は
総額5億円なり――。

■年収は少なく見積もって7億円

 しかし、芸能界で不動のポジションを手にした上田にとって5億円は決して高い
買い物ではない。

 オリコンが年明けに発表した「第7回好きな司会者ランキング」では、明石家さんまに
次いで2位にランクイン。もはや、芸人というより司会が本業で、テレビのレギュラー番組は、
相方の有田哲平(43)とコンビ出演で週に6本、ピンでも「おしゃれイズム」「ニュースの
巨人」など5本以上を抱える超売れっ子。ギャラも上位クラスで、「くりぃむのコンビ出演だと
1番組250万円、上田ピンだと120万~150万円ぐらい」(テレビ局関係者)。

 年収は少なく見積もっても7億円。通常、マイホームは年収の5倍が相場であることを
考えれば、決して高い買い物ではない。それどころか控えめすぎるくらいだ。

「体育会気質で九州男児だからか、とにかく礼儀に人一倍気遣うことで知られています。
実は、接点が少ないと思われるビートたけしとも定期的に食事会を催すなど、人間関係を
非常に大事にしている。芸能界での立ち位置をキープするのにそれなりの付き合いや
投資も必要なのでしょう。私生活では一昨年に超有名私立小学校に長女が入学し、この先、
長男のお受験も控えています」(芸能関係者)

 新居で迎えた初めての正月は格別の思いがあったはず。気配り、気遣いにあふれた
上田らしい家である。

日刊ゲンダイ 2015年1月28日 10時26分
http://news.livedoor.com/article/detail/9722753/


1: かじりむし ★ 2014/11/19(水) 02:07:09.03 ID:???.net
上場企業の年収ランキング1位、フジ・メディアHDは平均1,506万円
http://news.mynavi.jp/news/2014/11/17/010/
マイナビニュース  [2014/11/17]


東京商工リサーチは13日、「上場企業2,316の平均年間給与調査」の結果を発表
した。同調査は、2014年3月期決算の全証券取引所の上場企業を対象に、有価証
券報告書の「従業員の状況」から平均年間給与を抽出して算出したもの。

◆平均額は604万4,000円

上場企業2,316社の2014年3月期決算の平均年間給与は604万4,000円(前年比5万
8,000円増)であった。調査対象企業のうち、平均年間給与が前年より増えたの
は全体の6割にあたる1,451社。減少は36.9%にあたる855社、横ばいは10社
(0.4%)であった。平均年間給与は、調査を開始した2010年3月期以降、4年連続
で増えており、今年初めて600万円を超えた。

001l
↑平均年間給与

業種別で平均年間給与が最も高かったのは、「金融・保険業」(693万9,000円)、
最も低かったのは「小売業」(496万7,000円)で、その差は197万2,000円に上
る。給与額の増減率は、「金融・保険業」が前年比プラス3.1%で最高、「電気
・ガス業」は前年比マイナス6.3%で大幅減となった。

◆上位10位のうち5社がTV関連企業

平均年間給与ランキングの1位はフジサンケイグループの事業を統括する純粋持
株会社の「フジ・メディア・ホールディングス」(1,506万円)。2位は「東京放
送ホールディングス」(1,499万円)、3位は「野村ホールディングス」(1,488万
2,000円)であった。

002l
↑平均年間給与ランキング

上位10位までに、放送関連企業が5社、大手商社2社がランクインした。また、
前年17位だったM&A仲介企業の「日本M&Aセンター」が1,412万円で、6位に大幅
にランクアップした。


image
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/07(日) 04:26:23.86 ID:6cxE4Ys70.net
石橋貴明(とんねるず)・・・・・・・・・・・1億6732万円
木梨憲武(とんねるず)・・・・・・・・・・・1億2397万円
松本人志(ダウンタウン)・・・・・・・・・・3億910万円
浜田雅功(ダウンタウン)・・・・・・・・・・3億2523万円
内村光良(ウッチャンナンチャン)・・・1億7455万円
南原清隆(ウッチャンナンチャン)・・・9992万円
太田光(爆笑問題)・・・・・・・・・・・・・・2億5169万円
田中裕二(爆笑問題)・・・・・・・・・・・・2億6911万円
上田晋也(くりぃむしちゅー)・・・・・・・2億6820万円
有田哲平(くりぃむしちゅー)・・・・・・・1億8003万円
宮迫博之(雨上がり決死隊)・・・・・・・1億62万円
蛍原徹(雨上がり決死隊)・・・・・・・・・8030万円
岡村隆史(ナインティナイン)・・・・・・・1億6412万円
矢部浩之(ナインティナイン)・・・・・・・1億6208万円
設楽統(バナナマン)・・・・・・・・・・・・・1億325万円
日村勇紀(バナナマン)・・・・・・・・・・・7698万円
有吉弘行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1億3446万円
後藤輝基(フットボールアワー)・・・・5921万円
岩尾望(フットボールアワー)・・・・・・3870万円
若林正恭(オードリー)・・・・・・・・・・・1億4288万円
春日俊彰(オードリー)・・・・・・・・・・・1億1009万円
                            週刊ポスト


このページのトップヘ