川崎

1: グロリア(北海道)@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 20:20:13.91 ID:YuODndKo0●.net BE:488538759-ダウンロード (3)
神奈川・川崎市の多摩川河川敷で起きた中1男子殺害事件で、横浜家庭裁判所は、少年3人について、検察官へ送致する「逆送」の決定をした。
2015年2月、神奈川・川崎市の多摩川河川敷で、当時中学1年の上村遼太さん(当時13)の首を刃物で刺して殺害した疑いで、
少年3人が逮捕された事件で、横浜家裁は、18歳の少年について、殺害と傷害の非行内容で、また、17歳の少年2人については、
それぞれ同じ非行内容で、検察官に再び送り返す「逆送」を決定した。
この決定により、横浜地検は、あらためて少年3人を取り調べ、起訴するか判断し、3人が起訴された場合は、
成人と同じく、裁判員裁判が開かれる見通し。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150512-00000241-fnn-soci



ダウンロード (7)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2015/03/11(水) 09:25:40.66 ID:???*.net
5日発売の『週刊新潮』は、上村遼太くんを殺害した容疑で逮捕された少年Aの実名と顔写真を記事に掲載した。
少年事件の実名報道は少年法では禁じられており、日本弁護士連合会は遺憾の声明を発表した。

「少年法は、罪を犯した少年の保護と更生を目的としています。更生の見込みがあれば、言い渡された刑期の範囲内で出所できます。
少年の出所後のプライバシーを守るためにも、実名報道を禁じているのです」(社会部記者)

Aは遼太くん殺害について『彼が、友人たちに慕われていることがムカついた』などと、
動機にを話し始めているという。山口宏弁護士に、Aの量刑についての見通しを聞いた。

「従来の少年事件の裁判の判例でいけば、リーダー格のAの量刑は、懲役8年あたりになることが予想されます」

Aには、その凄惨な犯行から厳罰を求める声もあがっている。しかし、前出の社会部記者は、Aは少年法に守られているため、厳しく処罰することは難しいと指摘する。
「少年は、少年法に則って裁かれることが定められているのです。たとえ残虐な犯行であっても、それを理由に量刑を重くすることはできないのです」

13年10月、18歳の女子高生が殺された東京・三鷹ストーカー事件の被告は当時21歳。成人していたため少年法は適用されなかった。
Aが成人していれば、この事件と同等の20年以上の懲役刑が待っているはずだったが……。山口弁護士が解説する。

「三鷹の事件では交際相手をナイフでめった刺しにして殺害し、一審では懲役22年の判決を受けました。
三鷹のストーカー事件などと比べれば、Aに少年法が適用されることで、“量刑が成人の半分以下になる”のは甘すぎという声はそのとおりだと思います」(山口弁護士)

少年Aが遼太くんを殺害した“鬼畜の償い”は「懲役8年」。
Aには更生の可能性があるとはいえ、あまりにも短すぎる“贖罪の期間”に怒りを禁じえない――。
http://news.livedoor.com/article/detail/9874071/


ダウンロード (7)
1: ◆sRJYpneS5Y 2015/03/11(水)10:26:31 ID:???
川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太さんが虐殺された事件で、逮捕された少年3人のうち、
リーダー格の18歳少年が以前「反省したフリ、俺はチョー得意」と話していたと、
少年を知る高校生が打ち明けている。

 この高校生によると「自分が中学生だったとき、●●さん(18歳少年の名前)は、
鑑別所に入っていたことをよく自慢していて、そういうところに入っても反省したフリがうまければ、
すぐに出られると言っていた」という。

「万引きとか痴漢とか、よく悪さを誘ってくるので“捕まったらヤバいです”と言うと、
●●さんは“未成年は捕まっても犯罪者にならない”と言っていて、鑑別所に入っても
反省したフリをしていれば、すぐに出してもらえると言われました。
“反省したフリ、俺はチョー得意”って笑っていました」(前出高校生)

 逮捕少年は過去、定時制の高校に在学中に、ケンカした相手を鉄パイプで殴って少年鑑別所に
入ったことがあると伝えられる。出所後もまったく反省した様子が見られなかったようで、
今回の逮捕時も、当初は黙秘。その後に容疑を認め「えらいことをやったんだなと思った」
「申し訳なく思っている」など反省の言葉を口にしたというが、高校生の話が事実であれば、
現状をやり過ごすための方便だった可能性がある。

続き 日刊サイゾー
http://news.livedoor.com/article/detail/9873447/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 13◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1424757995/984


1: かかと落とし(東京都)@\(^o^)/ 2015/03/10(火) 08:10:20.15 ID:OYODNrBZ0.net BE:373518844-
神奈川県川崎市で中学1年生・上村遼太君が殺害された事件で、「ノエル」と名乗ってニコニコ生放送等で活動する人物が、
容疑者の自宅周辺を訪れて現地から配信。さらには上村君の通夜にも出没したことで注目された。
3月8日、ノエルはフジテレビへ行き、抗議活動を展開した。フジ系「スーパーニュース」にて、事実に反する内容を
放送されて納得できなかったとのこと。そうした放送を行った意図を確認するとともに、同様の事柄が「Mr.サンデー」でも
放送されることのないよう、事前に放送内容を確認したいという。
no title

(略)
勝手に映された上に、イメージ図まで公開されたとノエルは指摘したが、それだけでは個人を特定できないとフジ側は反論した。
(略)
no title

一方、事実誤認というのは具体的にどの場面かと問われたノエルは、番組担当者と話したいという主張を繰り返し、
フジ側の質問に具体的に答えなかった。そこで、スーパーニュースの内容を当サイトにて検証してみた。
その結果、放送内容の中に誤解を招き得る表現や不正確な点が存在していたことが判明した。
第一に、上村君の関係者以外は立入禁止の通夜会場にまでノエルが入っていったと、番組では繰り返し伝えた。
その場面を葬儀場の外から撮影した映像も公開された。今回の騒動をよく知らない視聴者がそれを見た場合、ノエルが
葬儀場内でも配信したかのように受け取る可能性がある。通夜会場に入ることを断られたノエルが配信を行ったのは、
葬儀場の敷地の外だった。
no title

第二に、ノエルが配信に利用したのはニコ生と報じられた。そして、「ユーザーへの対応は既に行っている」という
運営会社のコメントも紹介された。容疑者の自宅前からの配信にニコ生が使用されたことは事実だが、一連の配信は
主に「AfreecaTV」で行われている。また、ニコ生の運営会社にアカウントを削除された後も、
ノエルは新しいアカウントを取得して引き続き配信している。
no title

(略)

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/12172


1: スリーパーホールド(北海道)@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 23:14:55.88 ID:240Ibs530●.net ダウンロード (5)
2013年に三重・朝日町で起きた中3女子殺害事件で、遺族は加害者の少年(19)に対し、約1億円の損害賠償を請求するという。

 今の時代、わが子が加害者になるか、被害者になるかも分からない。名大女子学生の老女殺害、川崎市の中1殺害と、未成年による殺人事件が相次いでいる。加害少年の親にどこまで賠償責任があるのか、気になるところだ。
「ポイントは加害少年の責任能力の有無で、その線引きは12歳ぐらいとされます。12歳以下なら責任能力なしとされ、実際には、監督義務のある親権者が賠償責任を負うことになります」(弁護士の山口宏氏)

 それでは川崎の事件のように加害者が13歳以上なら、民法上は親に責任がないのかといえば、そう単純な話でもない。
■監督義務を怠れば親にも責任
 最高裁は、加害少年に責任能力があっても、親が通常果たすべき監督義務を怠ったせいで生じた損害については、親にも賠償責任が認められることがある、という判断をしている。

「予見可能性があったかが問われます。例えば、親がわが子の度重なる非行を注意せず、見て見ぬフリをしていたら、予見できたはずとなる。川崎の事件では、
容疑者の少年は事件以前から非行に走っていたといいます。親の賠償責任が認められてもおかしくないでしょう」(山口宏氏)

 実際、主犯格とされる18歳少年Aの自宅は不良のたまり場と化し、父親はAの飲酒と喫煙を「ウチではいいよ」と見逃していたという。親の監督義務を果たしていたとは思えない。

「三重の事件と同様、川崎の事件も被害者は中学生ですから、損害賠償額は1億円か、それに近い金額になっても不思議はない。ただ、現実問題として、加害少年の親に支払い能力がなく、
遺族が泣き寝入りするケースは少なくありません」(山口宏氏)

 交通事故の被害なら加害者の保険でカバーできるが、犯罪被害でそれは望むべくもない。犯罪被害者の遺族にも国から給付金が支払われる制度があるが、平均給付額は「四百数十万円」
(警察庁関係者)だ。わが子を失う悲しみは事故でも犯罪でも同じなのに、何か釈然としない。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150307-00000014-nkgendai-life


1: スリーパーホールド(家)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 16:09:40.24 ID:DSTGnGx80.net BE:557665687-images
http://www.hochi.co.jp/topics/20150302-OHT1T50057.html
川崎市の中学1年、上村遼太さん(13)が多摩川河川敷で殺害された事件で、逮捕されたリーダー格の18歳少年の父親が2日、代理人を通してコメント。殺人容疑での逮捕や、自供をはじめた
報道に大変ショックを受けていると明かした。

【18歳少年の父親のコメント】

「今回は、息子が警察に任意同行すら求められていない時点で、ネット上で息子が犯人ではないかという情報が流れたため、自宅前が騒然として近所の方にご迷惑かける事態となってしまいまし
た。そこで私はそのような事態をなんとか収めたいと思い弁護士の先生に相談をお願いしました。

また、私が息子に確認したところ、既に一部報じられているとおり、息子は今回の殺人に関与してはいない。ただ、目の周りにアザが残る傷害には関与しているという話をしていました。そこで息子
自ら警察に行ってきちんと話をした方がよいと言うことで、先週金曜日の朝、息子は川崎警察に任意出頭致しました。

そういう経緯がございますので、今回息子が殺人容疑で逮捕されたこと。そして、そのことについて息子が認めているという報道を聞いて、大変ショックを受けており、これについて今はまだ言葉
が見つかりません。

息子には、自分の知っていることは全て話をして、真摯に捜査に協力して欲しいと伝えたいです。また私自身も、警察に対して正直にお話しし、捜査に協力していく所存です。

皆さんにはご迷惑をあおけし、本当に申し訳ありません」


このページのトップヘ