サッカー

ダウンロード (19)
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/19(木) 16:42:34.63 ID:???*.net
バチン! バチン! 

昼下がりのティールームで、ラモス瑠偉が右の拳を左の掌に打ちつけて、激昂している。

「どういうことだよ! なんでやねん!」

それまで滔々とNumber創刊35周年記念号の取材に答えていた彼が突如として怒りをあらわにしたのは、インタビュー開始から90分近くが経過した頃だった。

怒りの矛先は、日本人――とりわけ、スポーツを取り巻く日本のメディアに向いていた。

「天才、って日本人がよく使う言葉だけど、その言葉の意味が僕はまだ理解できない。メッシは天才。クリスティアーノ・ロナウドも天才。これは世界中の人が認めてる。
わたしの考えだと、ネイマールは彼らに近いけど、まだ天才のレベルには達していない。
なのに、日本代表でレギュラーになれてない柿谷(曜一朗)が天才ってどういうことよ!」

「クビにならないために、どれだけ壁を相手にボールを蹴ったか」

彼の言い分によるとこうだ。1977年に20歳で来日するまで、自分はディフェンダーだった。

「昔の言い方で言うとスイーパーね。いまの日本代表だと今野(泰幸)がやってるところ。
ブラジルではそこでプレーしてた。憧れていたのはブラジル代表のセンターバック、ルイス・ぺレイラだった」

生粋のミッドフィルダーではなかった彼が、日本代表の「10番」を背負って中盤に君臨するに至るまでの、人知れぬ艱難辛苦の日々。

「日本に来てから、クビにならないために、どれだけ壁を相手にボールを蹴ったか。どれだけ一人で、コーンを相手にドリブルしたか。
正直、人のプレーも盗みました。川勝(良一)、ジョージ(与那城)、古前田(充)さん……それで上手くなったんだから。盗んで盗んで、
ラモス瑠偉になって、日の丸背負って闘ったんだから」

「日本に天才がいるとしたら、僕は一人だけだと思う」

その上でラモスは、「天才」という言葉を拒絶した。才能によりかかって、
闘う姿勢を見せない日本の選手たちと、彼らの才を褒めそやしてしまうメディアに対して叫んだ。

「日本で天才がいるとしたら、僕は一人だけだと思う、小野伸二。
もし怪我してなかったら、化け物みたいな選手になっていたよ。
輝いてる時間は短かったけど、前園(真聖)もすごかった。森島(寛晃)もハンパじゃなかったね。
人を生かす能力、イヤな所に顔を出す能力は最高だった。いまの日本代表の選手たちも、持ってるものはすごい。
でも、それがどうしたの? その持ってるもので何をしたの? アジアカップ、闘っていない。
もうちょっと身体張ってやらなきゃ。何が何でも絶対に勝つ。やられたらやり返す。
そういう気持ちでやってくれれば、世界でも上に行ける。もったいないなあ……見てると」

自分をはるかに上回る天賦の才を認めているからこそ、歯がゆく映る。
W杯初出場の前夜、「10番」を背負った元ディフェンダーからの愛のエールは、日本代表選手たちの胸にどう響くだろうか。

 ◇ ◇ ◇

背番号10が担う、国を背負う情熱と誇り。チームの顔たる特別な使命感。
今の日本に足りないものを、ラモスは熱く語り続けた。
そしてラモスが「わたしにとって、背番号10といえば和司」とまで言う
木村和司が思う、背番号10にふさわしい選手の条件とは? 
本編「背番号『10』の使命」は、雑誌「Number」874号でお読みください。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150319-00822941-number-socc
Number Web 3月19日(木)16時31分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150319-00822941-number-socc.view-000
現在FC岐阜の監督を務めるラモス瑠偉。日本代表として国際Aマッチに32試合出場している



1: ジャンピングカラテキック(空)@\(^o^)/ 2015/02/02(月) 22:11:32.54 ID:6OGm9mHo0.net 
U-22韓国代表選手がウズベキスタン戦で敵選手からひどいラフプレー

タイで行われている「キングスカップ2015」初戦、韓国vsウズベキスタン
U-22韓国代表チームは、顔面をパンチされるなどのラフプレーに遭った
韓国は1-0で試合に勝利し、ウズベキスタン側は2人が退場になったという

http://news.livedoor.com/article/detail/9741800/

顔面を殴られた選手
no title


動画
http://www.youtube.com/watch?v=-TNvkRUT-sQ



1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 17:55:04.23 ID:???0.net
中田英寿氏、報道陣にチクリ アジア杯のコメント求められ…
2015-01-13 17:43

元サッカー日本代表の中田英寿氏が13日、都内で行われた『「塗師」募集・育成キャンペーン』発表会に
出席。報道陣からの質問時間のなかで、きのう12日にアジアカップ初戦を勝利したサッカー日本代表への
コメントを求められ、場に合わない質問にチクリと返答する一幕があった。

サッカー絡みの質問が飛び、「工芸日本代表のことですか?」とジョークを交えた中田氏は、
「ここで僕が言う話ではない」ときっぱり語ると、「きのうの試合を観ているわけではないので、
コメントを控えさせていただきます」と質問に答えることなく、マイクを置いた。

同席した漆芸家で重要無形文化財保持者(人間国宝)の室瀬和美氏もサッカー経験者とあって、
同様の質問を受けると、「サッカーと同じように発信できるようにしっかりと作れるような土壌を作りたい。
スポーツだけじゃなく文化も日本の顔になってもらいたい」と文化発展に期待を込めた。

トークセッションでは、同キャンペーンになぞらえて「日常の中や精密機械には、漆塗りの技術が
隠れているというのをみなさんにお伝えしたい」と室瀬氏。冒頭で「漆塗りは非常に大好きで興味のある分野」
と話していた中田氏は、室瀬氏の話に真剣に耳を傾け、「昔からある漆塗りの技術が今につながって
いるということがよくわかった」と満足げだった。

若者の働き方をバックアップする『モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON』プロジェクト第2弾
となる同キャンペーン。室瀬氏監修のもと、一流の「塗師」を募集・育成する。

ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/2047119/full/
『塗師 募集・育成キャンペーン』発表会に出席した中田英寿
no title


1: せふぇかφ ★@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 20:46:48.98 ID:???0.net
アギーレ監督、八百長疑惑で告訴へ
日刊スポーツ 11月28日 20時6分配信

 日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)が、八百長疑惑で来週にも告訴されると28日付のスペイン・マルカ紙が報じた。
反買収委員会が、12月1日か2日までに同監督を含む関係者33人をバレンシア裁判所に告訴する方針だという。

 今年9月、スペイン1部サラゴサ(現2部)監督を務めていた11年5月21日のリーグ最終節レバンテ戦(2○1)に
八百長の疑惑があると反組織犯罪対策検事局が発表。サラゴサの1部残留がかかった試合にネットカジノで大きな倍率がついたことが問題視された。

 スペイン国外にいる同監督はこれまで事情聴取を受けていないが、告訴が成立した場合は裁判所の招聘(しょうへい)に応じなければいけない。
また、裁判所の判決で有罪を言われた場合は、1年から4年の懲役が課される可能性もあると報じられている。

 アジア杯オーストラリア大会(来年1月9日開幕)を控える中で告訴、そして裁判所へ招聘されれば、
海外組視察のため現在欧州に滞在中の指揮官のスケジュールも変更を余儀なくされる。
日本代表の強化にも大きな影響を与えることが予想されるだけに、今後の推移が注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000085-nksports-socc


このページのトップヘ