イスラム

ダウンロード (1)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2015/02/12(木) 09:50:55.07 ID:???*.net
2月1日、いわゆるイスラム国(以下、IS)による日本人人質虐殺を受けて安倍首相は「テロリストたちを決して許さない。
その罪を償わせるために国際社会と連携する」との報復声明を発した。

一方、2月4日、ヨルダンのアブドラ国王もISによるヨルダン軍パイロット捕虜虐殺を受けてISに対する「徹底的な報復」を宣言した。
同じ報復の意思表示でも、安倍首相とアブドラ国王とでは全く違う流れとなった。

アブドラ国王の報復宣言は、大多数のヨルダン国民がISに対する報復実施を求める声を代表してのものであった。
そのため、ヨルダン政府は直ちにIS側が釈放を要求していたタヒ刑囚を処刑するとともに、
かねてよりアメリカ主導の有志連合によるISへの空爆に参加していたヨルダン軍による強烈な報復空爆作戦「殉教者モアズ作戦」を開始した。

一方、安倍首相の報復声明に対しては、「ニューヨーク・タイムズ」などの米国メディアが「日本の首相にしては異例の報復の誓い」と取り上げ、
「日本がこれまで維持してきた平和主義からの離脱」との論評を加えまでした(同紙、2月1日)。

また、日本の一部メディアや政治家なども、このような海外での論調を取り上げ、安倍首相の報復声明を批判した。

そして“極めて冷静な”日本国民の間からは、ヨルダンのような報復を政府に求めるデモなどは発生しなかった。
むしろ反対に「怒りに任せた報復は報復の連鎖を巻き起こす」「報復ではなく冷静に対処すべきである」といった声があがった。
これは過去半世紀以上にもわたって日本社会を席巻してきた空想的平和主義者の常套句と言ってよい。

このような空気に素早く対応したのか、翌日以降の安倍首相のイスラム国を非難するコメントからは、「報復の誓い」は消滅してしまった。

日本社会では、「報復攻撃」などというと、さも冷静さを欠いて怒りに任せた感情的行動であるかのように考えられている。
しかしながら、現在ヨルダンが実施している「殉教者モアズ作戦」のような軍事作戦としての「報復攻撃」は、冷静さを失ってはとても成功はおぼつかない。

去半世紀以上にわたって軍事と無縁の空想的平和主義にどっぷり浸かってきた日本社会や多くのメディアでは、
最大限の冷静さを要求される軍事作戦と、感情的になって暴力をふるう子供の喧嘩とを混同してしまっているようである。

安倍首相は日本国民が虐殺されたことに腹を立てて感情的になって「報復声明」を発したのかもしれない。
そうではなく、同胞が虐殺されたことに対して日本国民であるならば当然持つであろう報復感情を、首相自らが国民を代表して表明したのかもしれない。

あるいは「残念ながら現状では自衛隊の戦力や憲法はじめ法令の縛りによって報復攻撃はできないが、
やがて我が国は奪還作戦や報復作戦ができるような軍事力を手にすることになる。2人のタヒを無駄にはしない」という強い決意を「報復声明」に込めたのかもしれない。

いずれにせよ、報復攻撃が全て「冷静さを失っている」という単純な図式は、少なくとも軍事作戦においては当てはまらない。
「報復」と「冷静」は対概念ではなく、「冷静な報復攻撃」と「冷静さを失った報復攻撃」が対概念なのである。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42881



ダウンロード (8)
1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 21:30:24.48 ID:???*.net
2日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)でマツコ・デラックスが、
後藤健二さんや湯川遥菜さんに渡航を許可した外務省を厳しく批判する一幕があった。

番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで「後藤さん殺害で旅行業界が悲鳴」と題し、
日刊ゲンダイの記事を取り上げた。

記事によると、後藤さん殺害による影響で、海外旅行の行き先変更やキャンセルが続出し、
業界では頭を抱えている状況なのだという。

司会のふかわりょうがコメンテーターにコメントを求めると、
若林史江氏は「こういう感覚を、平和ボケした日本人は、もっと前から持つべきであった」
「海外が危ないということすら感じていない」とコメントした。

するとマツコは渡航を許可した外務省が“甘い”と指摘し
「湯川さんみたいなさ、何をやるんだか分からない人も外務省はオッケーしちゃったわけじゃない?
だから平和ボケっていうんだったら、外務省も相当ボケてると思う。
今回のことに限って言えば」と苦言を呈した。

さらにマツコは「ああいう(テロ)行為に関して1番効果的なのは無視だからね」と語り、
いかにしてテロ行為を事前に防ぐかが重要だとしたうえで
「そうするとやっぱり『何であそこに行かせたんだ?』って話なのよ」と指摘した。

続けてマツコは、「今回の1番の諸悪の根源て、外務省が(2人を)渡航させたことだと思うんだよね」
と、強い口調で外務省を批難した。

http://news.livedoor.com/article/detail/9747111/

関連スレ(ニュー速+)
【イスラム国】後藤健二さん 外務省から計3回、渡航中止を要請されてた・・・★7(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422945323/


1: エメラルドフロウジョン(空)@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 10:41:17.80 ID:AwLL7xMw0●.net ダウンロード (1)
 
イスラム国が公開した身代金要求動画。その1場面と使いコラージュ合戦が行われている。

コラージュ内容は後藤健二さんと湯川遥菜さんが入れ替わっているもの、捉えられているのがアニメのキャラに
変わっているものなどで、これらのコラージュ画像はイスラム国のツイッターに向けて発信された。

つい先ほどイスラム国の物と思われるツイッターアカウント(@fa5fas)が凍結されたが、
それとは別のメンバーのアカウント(@t00_t123)にて、このコラージュに対抗するかのように画像が
投稿されているのが確認されている。律儀に「ISISクソコラグランプリ」のハッシュタグつきでの投稿である。
そのほかにもカレーライスやキットカットの画像も投稿されており、何がやりたいのか謎である。とにかく暇だということはわかる投稿だ。

相変わらずツイートには「ズワイガニ」や「濁点のつかないロボをあげていくタグ」「斉藤仁」という謎のハッシュタグがつけられている。

http://gogotsu.com/archives/3306
no title

no title


no title
1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 07:42:27.17 ID:???0.net
日刊ゲンダイ|日本人2人を放置…怠慢の外務省内では「いい迷惑」の放言も
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156577


 過激組織「イスラム国」による日本人2人の身代金要求・殺害警告事件は、日本が本格的に「テロ標的国」になったことを示す。日本人を狙った
テロ行為は今後、海外だけでなく、日本国内でも起きる可能性が高まった。警視庁は早速、首相官邸など政府機関の警備を強化することを決
めたが、許せないのは、「イスラム国」による2人の拘束情報を「無視」し続けた外務省の怠慢だ。

 そもそも、トルコ経由でシリアに入国した湯川遥菜さんが「イスラム国」に拘束されたとみられるのは昨年8月だ。一方、後藤健二さんは昨年
10月、自身のツイッターに「シリアで取材中」と書き込んだまま行方不明となった。

 本来であれば、外務省はこの時点ですぐに2人の情報収集に当たるべきだった。それが数カ月間もホッタラカシで、斎木昭隆事務次官をトッ
プとする「緊急対策本部」を設置したのは、事件が表面化した20日だ。あまりに遅過ぎる対応だし、人命軽視も甚だしいだろう。

「外務省は昨年、2人の拘束情報が寄せられても、<イスラム国は国じゃない><日本人とは断定できない>と動きませんでした。省内では
<いい迷惑だ>と言い放った職員もいたほどです。昨年、NHKから後藤さんについて問い合わせがあった際も、同様のスタンスで無視し続け
た。それが今、最悪の状況となり、内部では責任のなすり合いが始まりました」(外務省事情通)

■拘束情報を無視

「イスラム国」に拘束された外国人が解放されたケースでは、政府機関が水面下で交渉した例もあるという。日本政府や外務省が腰を据えて
動いていたなら、少なくとも展開は変わったはずだ。

 軍事評論家の神浦元彰氏はこう言う。
「つまり、外務省は何もしていなかったことがハッキリした。2人の拘束情報を得ても『イスラム国』と交渉するチャンネルをつくる努力さえしなか
った。さらに悪いのは、こういう事態に備えて設置した『国家安全保障会議』(日本版NSC)です。日本の首相がパリのテロ事件直後に中東を訪
問し、<イスラム国対策にカネを出す>と発言すれば、どんな状況を招くか容易に想像がついたはずです。今さら『非軍事目的』なんてゴマか
しても無駄です。外務省と日本版NSCの無能が今回の事件を招いたのです」

 日本版NSCは、安倍首相が議長を務め、事務局の国家安全保障局のトップは谷内正太郎・元外務事務次官だ。最悪の事態となれば、そろ
って糾弾されるのは間違いない。


ダウンロード (1)
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/16(木) 14:36:18.85 ID:PNtOyBkf0.net
店員の一人に「そういう話は店の中ではやめてください。貴方にイスラム教徒の気持ちは分からない。」と言われたんだが・・・
友達と普通に食事でインド料理店に行ったのね
お互い政治には関心あるから、イスラム国の話題になったけよ
そうしたらなぜかこんなことになった

ちなみに店員は普通に日本語話せます


このページのトップヘ