2014年12月

ダウンロード (7)
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 04:12:03.50 ID:???0.net
2014年8月に発覚した歌手・安室奈美恵(37)の所属事務所からの独立騒動が、さらにドロ沼化している。
12月25日発売の『週刊新潮』(新潮社)は、所属事務所が「独立するなら安室奈美恵の名前は使わせない」として、
同年7月に「安室奈美恵」を特許庁に商標登録出願していたと報じた。

ことの発端は5月、安室が個人事務所を設立したいと言い出したこと。
これに安室の育ての親といわれる平哲夫社長をはじめ、所属事務所側は激怒。安室は8月に一度は謝罪文を送ったというが、
平社長は反論文を返し、現在もこう着状態が続いている。

しかし「安室奈美恵」の商標登録は、安室本人の承諾がなければ不可能。
そのため結局は出願を取り下げたという。こうなることは、もちろん所属事務所は承知の上だったが、本気で怒っているという“意志”を端的に表した恣意行動だったようだ。

これからの仕事は何も決まっていない!?

平社長は安室を実の娘のように大切に育て上げブレークに導き、“安室の東京の父”とも呼ばれた。

「平社長が2001年、ライジングの巨額脱税事件で逮捕された際には、大手芸能プロが安室獲得に動いたことがあったそうです。
強い権力を持つ大手に移籍すれば、この件に限らず色々な面で守ってもらえますし、安泰が約束されるようなもの。
しかし、安室は『育ての親だから』と平社長の顔を立て、移籍は拒否したといいます」(芸能ライター)

このエピソードからも、2人の間には深い絆があったと思われていたが……。

「12月7日に代々木国立競技場でマスコミを招いて開催された安室のツアー東京公演にも、いつもなら必ずいる平社長は顔を出さなかったそうです。
マスコミの呼び込みなどの仕切りは、まだ所属事務所が請け負っていましたが、明らかに今までとは熱の入れが違いましたね」(スポーツ紙記者)

ツアーは大盛況だったが、これからの仕事はひとつも決まっていないとの情報も。
終わりの見えないドロ沼バトル、今後はどうなることやら――。

(取材・文/島本ゆき子)

http://dmm-news.com/article/905032/
2014.12.25 12:00


1: エルボーバット(庭)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 20:48:50.62 ID:/hbgrp/a0●.net BE:586999347-
 東京都国立市のシェアハウスで暮らすシングルマザーの女性(41)が、同じ家に住む独身男性と「事実婚」の関係にあるとみなされ、市が十一月、
ひとり親家庭を対象とした児童扶養手当と児童育成手当を打ち切ったことが分かった。事実婚の実態はないが、
市は「都の見解に従い、同じ住所の男女は事実婚とみなす」と説明。女性は「住所が同じだけで打ち切るなんて」と憤る。 
 国立市議会でも問題となり、議会は今月十八日、「実態に即さない理不尽な判断」として、厚生労働省や都、市に改善を求める決議案を可決した。
 女性は二〇一〇年に離婚し、一三年四月から長女(6つ)とシェアハウスで暮らし始めた。二階建ての10LDKに母子家庭と父子家庭、
独身の計六世帯八人が入居する。女性はいずれの男性とも交際しておらず、生計も完全に独立している。住人はそれぞれが家主と個別に賃貸借契約し、
光熱水費は平等に分担。居間やバス、トイレ、キッチンは共用だが、それぞれの居住スペースは施錠できる。
 女性は離婚後、手当を受給。その後いったん実家に身を寄せた間は受給せず、シェアハウスに入居した昨年四月に再申請した。
当時も二人の独身男性がいたが、市の担当者が現地を確認して「ひとり親」と認め、二つの手当で月に計約四万三千円の支給を受けた。
 ところが、今年十月になって市が都に別件の問い合わせをした際、キッチンなどが共用の建物では居住者全員を同一世帯として扱う、と指摘された。
 市は女性に「同一住所に親族以外の異性がいることによって、支給要件を満たさなくなった」と通知。
十一月二十一日付で「過誤払金」として支給済みの約六十二万円の返還を請求。ただ、市の判断で支給していたため、返還は「任意」とした。
 市の担当者は「事実婚でないという女性の主張は本当だと思うが、やむを得ない」。都は「異性と住所が同じなら、同一世帯ではないことが
客観的に証明されないと受給対象から外れる。シェアハウスだからだめだという話ではなく、各区市で判断してもらうことだ」としている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014122702000134.html

no title

no title

no title

no title

no title

no title


このページのトップヘ